妊娠したい人におすすめのの排卵検査薬

 

こんなに夫婦で頑張っているのに、どうして子供を授からないのか疑問に思ったことはないでしょうか。女性には排卵があり、その時に上手くタイミングが合い、受精、着床することによって妊娠することができます。そのためには、いつ排卵が来るのが知っておかなければなりません。これは排卵検査薬を使うことで知ることができます。陽性反応が出てから3日以内だと、妊娠する確率がとても高くなります。
排卵検査薬は生理周期が安定している場合は基礎体温と合わせて使うと良いのですが、基礎体温や周期が不安定な人は、どの時期に排卵が来るのが予測できません。そういった女性には、生理が始まって10日目から毎日使うといったような検査薬をおすすめします。ですが、排卵検査薬は決して安価なものではなく、入っている数も多くありません。毎日使うとなると、財布の負担になってしまいます。そんな時は、通販で海外メーカーのものを購入すると良いでしょう。50本、100本と安くまとめて購入できるので、毎日使いたい人にとっては非常にありがたいです。また、初めて排卵検査薬を使いたいけど値段が高い、できれば費用を抑えたい人にもおすすめです。
きちんと自分の排卵を知り、ストレスのない夫婦生活を過ごしましょう。

 

 

妊娠の可能性を上げる排卵検査薬

 

子供が欲しいと思った時、まずは、やみくもに仲良くしてもダメだということを知らなければなりません。
妊娠するためには、卵子と精子が出会わなければならないので、女性の体が排卵していない時に、いくら精子が頑張ったとしても受精することが出来ないのです。
一般的には生理が終わって1週間くらいが排卵と言われます。
が、生理の周期もホルモンバランスも人それぞれなので、排卵の時期も早かったり遅かったりと色々なのです。
基礎体温とずれている場合も多々あるので、排卵の時期をきちんと調べることは妊娠への近道と思って下さい。

 

その大切な自分の排卵を知るために使用するのが「排卵検査薬」というものです。
そりゃあ、病院に行って調べるのが一番確かでしょう。
けれど病気でもないのにあの診療台に載る事は、やっぱり抵抗があるものです。
自分で調べられるならそうしたいですよね。
排卵検査薬の使い方は非常に簡単です。
ご自身の尿で検査をします。
感度の違いはメーカーによってそれぞれなのですが、大体排卵日の2日前辺りから反応が出始めます。
精子の運動日数は平均して3日間くらいと言われており、排卵日当日よりも少し前から仲良くしておいた方が受精しやすいので、反応が出始めた頃から頑張ってみます。
排卵検査薬を何日か続けて様子を見ながら、1日ではなく排卵日周辺の数日は営む方が受精の確立が上がります。
正しい排卵日を知って、妊娠への道を切り開きましょう。

 

 

排卵検査薬を活用して妊娠へ

 

赤ちゃんが欲しいと思っている女性にとって、排卵日を知ることはとても重要なことです。
より妊娠の確率を高めるには、排卵日を見極めて排卵のタイミングをしっかりと捕まえ、精子を体内に送り込む必要があります。
そもそも排卵とは、卵巣から卵子が排出されることで、この排卵している時に卵子と精子が出会うことで受精し妊娠となります。つまり排卵の前後になる時期が一番妊娠しやすい時期といえます。

 

排卵日は、基礎体温をつけることで予測する事ができますが、より正確に知るなら排卵検査薬が効果的です。
排卵検査薬は、尿中の黄体形成ホルモン(LH)濃度の上昇をとらえる検査薬で、このLH濃度の上昇が始まってから36時間以内に排卵が起こる仕組みを利用して排卵日を予測するものです。
黄体形成ホルモン(LH)とは、卵子が成熟する頃になると急激に分泌量が増えるホルモンで、それによって排卵が起こるものです。

 

以前はドラッグストアなどでも店頭に陳列されていた排卵検査薬ですが、現在では薬事法によって調剤薬局でなければ取り扱うことができなくなってしまいました。そのため薬剤師と対面で購入する必要があります。もし近くに調剤薬局が内場合などには、輸入代行のシステムを利用してネットで購入することもできますから、気になる方は調べてみてはいかがでしょうか。

 

排卵検査薬を正しく選んで妊娠しよう

 

妊娠を希望する人にとって、排卵日を把握することはとても重要です。
では、どうやって排卵日を把握するのか?
その方法にはいくつかあります。
まず、生理周期で考える方法。
これは、周期が28日の人の場合だと、生理の日からだいたい2週間後が排卵日であるというものです。
それから、体温。
排卵前の体温は低温期であり、排卵が終わると高温期に入ります。
排卵直前はガクッと体温が下がるとも言われています。
そして、おりものによる把握方法。
これも、排卵前になると、おりものが増えてくるので、排卵日をだいたい予想できるというものです。
最後に、排卵検査薬を使用して把握する方法があります。
これまであげてきた方法はどれも、人によっては、体質というものがあり、生理周期も体温もおりものも、人それぞれで有効でない場合があります。
一方、排卵検査薬だと、女性の体は排卵前だと必ず、黄体形成ホルモンが急上昇してくるので、その心配はありません。
妊娠検査薬で、その黄体形成ホルモンの分泌量を正確に測る事が出来るからです。
陽性反応が出た日から24~36時間以内(検査薬によって違いはあります)が、最も妊娠しやすい時期と言われていますので、排卵検査薬を正しく選んで準備してください。

2016/09/19 06:39:19 |
妊娠線クリームって妊娠線クリームって、大抵の妊婦さんが使っているのかな?そもそも妊娠線っていう言葉も知らなかった私ですが(笑)。初めての妊娠ってわからないことだらけです。マタニティ雑誌を見ていて、初めて知った妊娠線クリーム。そこで妊娠線という言葉を知りました・・・。妊娠線クリームがあるってことは、妊娠線クリームを使っていないと、妊娠線ができてしまう可能性が高くなるってこと?逆に、妊娠線クリームを使っていれば、妊娠線に悩まされることもなくなるってことなのかな?エルバビーバの妊娠線クリーム最近気になっているのが、エルバビーバの妊娠線クリーム。どうして気になっているかというと、妊娠前から愛用している...
2016/09/19 06:38:19 |
妊活ヨガの効果ヨガをやっている女性って、年々増えてるよね。ヨガって、健康の様々なトラブルに効果があるみたいだけど、妊活にも効果があるようで、妊活ヨガって言われてるんだっって。妊活ヨガではなくて、子宝ヨガって呼ばれることもあるのだとか。血液が体の中をよく流れるようになることで、ホルモンバランスの改善・冷え防止、そしてヨガのリラックス効果が妊娠しやすい環境をつくり出すのだとか。良いことしかないし、妊活ヨガを取り入れるしかないよね!妊活ヨガのメジャーなポーズ妊活ヨガって知ってる?今や、妊活にもヨガが取り入れられているらしい。その妊活ヨガで一番メジャーなのが、合蹠のポーズらしい。どういうポーズかという...
2016/09/19 06:37:19 |
妊活ブログ今のブログを妊活ブログに変えていきたいと思っている最近。実は、頭の中が、今妊活でいっぱいなんだよね。妊活って、治療が高度であればあるほど、お金がかかるから、失敗した時のダメージは大きい。でも、妊活の記録を残しておけば、万が一クリニックを変えた時とか、今までの治療を振り返りたい時に、いつでも確認できる。ブログにしておけば、あの時どうしていたのかなっていうのが、すぐに探せる。これから妊娠が落ち着くまでは、しばらく妊活ブログオンリーにしてみようかな。東尾さんの妊活ブログで東尾理子さんの妊活ブログで、励まされた人も多いと思う。妊娠の発表をした時、妊娠していない読者からは、羨ましいという気持ち...